ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンは母乳に多く含まれる成分です。ラクトというのは「乳」という意味で、フェリンは「鉄(Fe)」を意味しています。なぜ鉄という文字が入っているのかというと、鉄分と結合しやすいという性質があるからです。

 

この鉄分と結合する性質によって、貧血予防や新陳代謝の活性化などありとあらゆる効能があると言われています。ここではそれらのラクトフェリンの効能について解説していきます。

 

貧血の予防・改善に効果的

上に書いた通り、ラクトフェリンは貧血の症状を改善したり予防したりするのに効果的です。そもそも、人体でなぜ鉄分が不足するのかというと、悪玉菌が鉄分と結合してしまうからです。

 

彼らは自分の栄養に鉄分を取り込んで、それを人体に還元しないんですね。なので人体は鉄分が不足して貧血になってしまうわけです。

 

これに対してラクトフェリンは鉄分と結合した後、それを人体に還元してくれます。なので、ラクトフェリンが悪玉菌が鉄分を持っていくことを防いで、自分の方に鉄分を取り込んで、かつそれを人体に還元してくれる、という流れが起きるわけです。

 

これによって人体の鉄分が不足することがなくなり、貧血の予防になるというわけなんですね。
他にも鉄欠乏性貧血として予防する方法が掲載されています。

 

ラクトフェリンは新陳代謝の活性化にも有効

さらに体の新陳代謝を活発にする上でもラクトフェリンは有効です。理由は、腸内環境に働きかけて、この機能を改善してくれるからです。

 

新陳代謝の本質は「栄養をとりこんで、要らないものを出す」といことです。この取り込みというのは要するに消化と吸収ですが、その両方で小腸が関わっているというのはご存知の通りです。
そして「出す」というのは排便などですが、これも腸が関わっているというのはいうまでもないでしょう。最後の仕上げとなるのは大腸や直腸ですが、その前にある小腸も非常に重要な働きを持っており、その小腸を元気にしてくれるラクトフェリンは、新陳代謝の活性化にも有効というわけです。

 

体の免疫力を高め、病気を予防する

さらにラクトフェリンは体全体の免疫力を高めてありとあらゆる病気を予防してくれます。ラクトフェリンを摂取することによって抗菌ペプチドという物質が生成されて、これがありとあらゆる悪玉菌を破壊してくれるからです。

 

このように様々な健康効果を持っているラクトフェリンは、多くの人におすすめだといえます。

 

ラクトフェリンを服用した人の体験談

ライオンのラクトフェリンに興味を持っていても、実際に効果があるのか、美味しく飲むことができるのかということが気になっている方は多いでしょう。そうした疑問や不安に対しては、やはり実際に服用した方の体験談を知るのが効果的だといえます。ここではラクトフェリンを服用した(している)方の3つの体験談を紹介します。

 

変に味とかついていないので、逆によかったです(42歳/三重県/女性)

こういう乳酸菌サプリメントとかって、ブルーベリー味とかいろいろついているのありますよね。私はああいうのない方がいいんです。というのは、味がついているということは糖分があるということで、ダイエットにも害だけど、歯にとっても有害なんですよ。歯磨きすればいいじゃんっていう人がいるけど、歯磨きも歯にしっかりダメージを与えるので、極力食事の回数は減らした方がいいんです。

 

という理由で、私は味とかついていないサプリメントの方がいいんですね。ラクトフェリンはその点ノーマルな錠剤のサプリメントなので、私にとっては健康を害せず飲めて好都合でした。

 

始めて1週間くらいで明らかにお通じがよくなりました(25歳/千葉県/女性)

私の場合、早いのか遅いのかわかりませんが、始めて1週間くらいでお通じがはっきりとよくなりました。私の場合は割りと影響されやすいというか、精神面がすぐに変わりやすい人間なので、それ
ラクトフェリンを飲んだことによってすぐに「その気」になり、効果が出たのかもしれません。

 

何にしても、効果がすぐに出たのは嬉しかったので、その後も継続しています。今では過去に自分が便秘だったというのを忘れているくらいです。

 

めったに風邪を引かなくなりました(51歳/熊本県/女性)

以前は年に数回風邪を引いていた私ですが、ラクトフェリンを飲み始めてからのこの2年間ほどは、1年に1回しか風邪を引いていないですし、それも寝こむほどのものではありません。1日軽く休んだらそれでOKというレベルになりました。

 

インフルエンザなどの大きな症状にかかることもなくなったし0,これは本当に嬉しいなと思っています。風邪を引くといろいろな人に迷惑をかけてしまいますが、それがなくなったというのも気分的にすごくいいですね。今後も続けていきたいです。